高音域とは痛みを顔に出さないことである

高音域を出すコツは、少し重いものの間に手を挟んじゃったとなっても、顔に出さないことです。
痛みがジンジンとくるけれど、決して顔に出さない感じですね。

関羽は極端だけど

関羽の精神力は凄まじい!? 麻酔ナシで手術を受けたという伝説に迫る!」から引用:

手術中の関羽の様子
華佗は、手術中は腕を柱に固定し、顔を布で覆うことを提案しましたが、関羽はその必要はないと一笑に附し断りました。

そして、驚くべきことに、彼は手術中も飲酒しながら馬良と碁を打っていたというのです。

なんという豪胆さでしょう!尋常でない精神力ですね。


22:47から

関羽雲長は麻酔なしで腕の骨を削られながら、眉一つ動かさずに碁を打ってたそうよ

高音域とは痛みに耐える力でもあります。
なかなか高音域が持続しないときは、ハンマーで手を打ったときの痛みをイメージするといいでしょう。

やばい、想像しただけで痛い。


24:19から永田孝志さんが詳しく語っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です