夜の女王のアリア

モーツァルトのオペラ『魔笛』で有名な「夜の女王のアリア」。
ソプラノの高音域をとにかく試す曲ですね。

ここの高音域。

だいたいこういう歌い方ですね。

これとか:

これです:

私には
「高音域が出たからって何?」
という印象です。

ここの低い部分がぼやけてしまい、オーケストラにかき消されています。
この部分をしっかりした声で歌えるかどうかが、「夜の女王のアリア」の出来栄えに関わってきます。

最近の声楽では、声を楽器として扱えていません。
息がダダ漏れしていて、いまいちよく聞こえてきません。

正解はこうです。
ルイザ・テトラッツィーニの歌い方を参考にしましょう。

レッジェーロ・ソプラノですが、声を意図的に軽くして、浮ついた声で歌っていません。
全体的にトランペットのような響きです。

これこそ夜の女王の風格ですよ。

このような高音域も安定感があります。

ここの低音でも響きが痩せることはありません。

違いを聴いてみるのがよいです。

ソプラノはトランペットのように聞こえなければなりません。

声を楽器として扱うというのはそういうことです。
その境地にまで至らなければなりません。

声を声のままで聴かせてはなりません。
マイクを使わないのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です