私の自己紹介について、だらだらとつづっていきます。

どんな人か?

かなりの変人です。権威を完全否定はしませんが、あまり信じません。
主に、こんな感じで活動しています。

  • 発声研究家
  • ピアノ研究家
  • ヤマハのピアノ演奏グレード5級取得
  • 合唱で歌い手として活動するのはお休み中(復帰は未定)

私は音楽が大好きな人です。
音楽好きな人はTwitterをフォローしてくれると嬉しいです。

イマッチのTwitter

趣味

私の趣味についていくつかだらだらと紹介していきます。

音楽鑑賞

主に音楽鑑賞です。音楽が大好きです。
ジャンルはクラシックとか合唱とか、あとゲーム音楽も大好きです。
オーケストラも好きになりました。
ピアノもいいけれど、管楽器も素敵ですね。

合唱は学部生のときはわりとのめりこんでいました。
現在はだいぶ距離をとっております。
合唱団で歌うという予定は現在ありません。
でも合唱を完全にやめたとは言っていませんのでご了承ください。
今でも(というか今のほうが)いろいろな合唱団の演奏会に行っています。
声が合わさると素敵な響きになるのはいいですね。

作曲・編曲もやっています。

編曲のほうがメインです。作曲はう~ん…。
自作した曲はYouTubeで公開しようと考えています。
早く曲を公開してほしい?もう少し待ってください。
公開するする詐欺にはならない程度にするから。

鉄道

もう一つの趣味は鉄道です。
電車に乗るのも好きです。
とは言っても、最近は乗る時間を作っていませんね。
今まで制覇したところはこんな感じです。

  • 三岐鉄道(三岐線、北勢線の両方とも)
  • 養老鉄道
  • 樽見鉄道
  • 愛知環状鉄道
  • 中央本線(名古屋~塩尻間)
  • 篠ノ井線

とりあえず次は明知鉄道長良川鉄道を制覇することにします。
名鉄も全部乗っていきたいところです。
贅沢ですね(笑)

好きなブログ

ここでは私が好きなブログについて、だらだらとまとめていきます。

プロ、音大声楽科講師も通う!宮前区在住 永田孝志の発声革命ブログ

6年前(2013年5月)に見つけて、現在も私の発声技術に役立てています
発声だけでなく、世の中のことに疑いをもって自分の意見を述べているので、
そういった姿勢が好きです。信念というものですね。

声楽は常に自分との闘いであるということに注目しています。
1940年代までの音源を聞くと、元気になれますね。
声というものを重視しているので、圧倒されます。そこがいいんですよ。

私はこの人にだいぶ影響されていますね。
この人が提唱している発声のお蔭で、ただのお人好しから少し図々しさが増しました(笑)。
人生は多少図々しさがあったほうがいいですからね。何事もバランス。
合唱からだいぶ距離を置いている原因はこれだと断言します(笑)

嫌いなもの

嫌いなもの挙げて何になるんだと思いますけど、あったほうが人間味ありますよね?
私だって人間ですから!だらだらとまとめていきます。

Microsoft Office

一番嫌いなものは、Microsoft Officeですね。
電機店行くとどのパソコンにも付属してきやがるから鬱陶しい。
あれのせいで、無駄に価格が吊り上がるんだよ!
Officeがないやつを選ぶのが難しいぐらい。
WPS OfficeとOpen Officeは許す(ほんと何様のつもりだろうね笑)。

あれは重たいです。数式ツールが使いづらいです。
Microsoft Officeに限らず、WYSIWYG(What You See Is What You Get,見たものが得られる)系のソフトウェアにどうしてもなじめません。
図を貼り付けるのは楽ですが、ページを切り替えようとするとフリーズしてしまうというのがネックです。
編集画面が美しいというのと引き換えにパフォーマンスを犠牲にしなければならないというのは気に入りません。

学部4年生のときにLaTeX(ラテフ。ラテックスと読まないように)に出会えたのはよかったと思います。
ソースコードを打ち込んで、美しいPDFを出力できるというのは感動ものです。
しかも数式も手軽に打ち込めるというのも素晴らしいですね。
慣れるまで時間がかかるのは仕方がないですが、そのデメリットを打ち消すぐらい訓練したおかげで快適に過ごさせていただいております(飛躍しすぎ)。

BeamerというLaTeXのソースコードを打ち込んでスライドを作るパッケージがあります。
これを覚えると数式に全くイライラすることなく、快適にスライドを作ることができます
あとは参考文献を挿入するのも楽ですし。
HTMLとかXMLとかCSS(cascading style sheet)とか、今言ったLaTeXのような構造的に見ることができるものをWYSIWYM(What You See Is What You Mean)といいます。
ほんとうにこっちのほうが読みやすいし、エディターがフリーズしにくい。

ホームページビルダーもVisual Basicもあまり好きじゃない

WYSIWYM系のソフトのほうが私には向いています。
中学校のときに習ったホームページビルダーもあまり好きではありません。
手軽なのは認めますが、細かい編集には向いていないのが弱点でしょう。
まあ、初心者用だからしょうがないですね。
Visual Basicも嫌いです。C++とかJavaとかのほうが編集しやすいです。
というのも、小学校6年生のときにはじめて触れたのがHTMLだから、ソースコードを打ち込んで作るのが当たり前という考え方が根付いたのでしょうか。

嫌いといっていても始まらないんだよなあ

嫌いと言っていても始まらないので、WordとかExcelとかPowerpointとかのようなMicrosoft Officeの製品しか使えない環境で作業するときはもちろん使いますが。
Wordで文書を作ることもできますし、Excelで表計算の関数を一通り使えますし、Powerpointで映像効果を付けたりもできますが、「できる」と「好き」は別ですね。
機能が多い分無駄に豪華な資料を作ってしまうことにもなりかねませんので(笑)、LaTeXを使ってシンプルな文書を作ったほうがいい場合もあるでしょう。
学術系のものだったらシンプルが好まれます。
ビジネスの場においても、Powerpoint禁止令が出されているところもあるのは無駄に豪華にするために時間を割かないようにするという背景があるのでしょうね。

Powerpointを禁止して、A4一枚で自分の報告すべきことを書こうという動きはいいことです。
どうやって自分のいいたいことを単純に伝えるのかが重要になってきます。
A4一枚だと使えるスペースは限られてきますからね。
要点を伝える力が身に付いてくるはずです。
背景が寂しい分、情報がはっきり見えてくるでしょう。

私が好きでないものはWYSIWYG系の、見ているものがそのまま出力されるようなソフトですね。
Microsoft Officeは重すぎるので嫌いです
使うしかないところでは使いますが、わざわざ自分のパソコンにインストールするほどじゃないです。