喉を使わないという本当の意味

歌うときに喉を使わずに歌えと言われたことはありませんか?
文字通り解釈しても、何の意味かピンと来ませんよね。

しかも、大体の人たちは、「喉を使わない」を喉の力を最初から抜いて、息っぽく優しくなぞって歌う始末。
それでは歌うどころではありません。

「喉を使わない」本当の意味について見てみましょう。

喉を使っている声とは?

そもそも、「喉を使っている」というのはどういう現象か?

世間では、喉や首に力が入って力んだ声と言われています。
喉が締まっている声やカラオケ声とも言われますね。

実は、声帯だけに力が入った声です。
喉仏を下げる力やうなじの力を一切使わずに出した声です。
息の勢いに任せて発声する感じです。

声帯は非常にもろい器官です。
1秒間に何百回も振動しています。

声帯だけに息の力がかかるとすぐに乾燥してしまいます。
その状態でしゃべったり歌ったりすれば、声帯を痛めてしまいます。

「喉を使う声」、つまり、声帯だけで出した声で長く歌うと、声帯を痛めます。

では、どうしたらいいのか?

実は簡単です。
喉に力を入れればよいです。

何言ってるんだ?こいつ。
と思うかもしれません。

もちろん、そのまま喉に力を入れるだけでは不十分です。
声帯だけの声になってしまいますから。

喉に力を入れるときに、うなじの力を使います。

音が高くなると首が前に出ようとしますので、うなじの力を使って首を後ろに保つようにしましょう。

最初のうちはうまくいかなくても構いません。
首の筋力が追い付けば、できるようになります。

「喉を使わない声」の正体

そう、「喉を使わない声」とは、うなじの力や喉仏を下げる力を最大限に使った声です。
最大限に使ったからこそ、喉を使わないという意識になるという結果です。
いきなり喉の力を使わずに優しくなぞっても、パワフルな声は出ないことに注意しましょう。

あくまでも結果です。
特に高音域になればなるほど、喉を使っているどころか、歌っているという意識さえなくなります
「歌おう」と考えている段階ではまだまだですね。
スタートラインにすら立てていません。

ちょうどタイムリーなところに、永田孝志さんがアップロードしました。

そう、現象を追いかけてもしょうがないんです。

聴き手の意識?
それをそのまま適用したら大けがします。
楽そうに見えるが、そのままやったら必ず事故をします。
そう思っておいて間違いありません。

最後に

原因と結果をはき違えている人が本当に多いです。
知っていてわざとやっているのか、本当に知らないのかは私は存じ上げません。

どんな優れたテクニックがあったとしても、基本に沿ったものであるかを確認したほうがよいです
どの分野においても通ずることだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です