永田孝志信者と呼ばれてもいいです

発声法は永田孝志さんの教えを参考にしています。
それ以外のも参考にはしていますが、凡人の私はすぐ潰れてしまいます。

この発声は矛盾した感覚になります。
強い声を出しているんだけれど、弱い声を出しているような感覚。
明るい声を出しているんだけれど、暗い声を出しているような感覚。
苦しいのだけれど、楽をしている感覚。

永田孝志さんの方法は、合唱経験がない、あるいは芸術大学出身じゃないほうが早く身に付く傾向にあります。
脱力中心メソッドの余計な知識がないので、体の力を使った声を出しやすいです。
イメージしやすいから。

ファルセットやミックスボイスに慣れると、どうしても「逃げる癖」がついてしまいます。
これらの発声は、体を楽にして息の勢いで発声しますので、楽のほうに逃げたがります。
声帯が乾燥しやすいので、声帯の強い超人しか生き残れません。

発声を手っ取り早く身に付ける方法はありませんが、筋力トレーニングをしておいたほうが身に付きやすいです。
引っ越しの短期のお仕事をやったらいいでしょうか?
筋肉の耐久性を鍛えるという意味でも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です