尾崎紀世彦さんの歌い方

尾崎紀世彦さんは「また逢う日まで」で有名です。
1971年にレコード大賞を受賞しました。

尾崎紀世彦さんの歌声は忘れられませんね。
声量がすごい人みたいに簡単に言われますが、実は歌い方の参考になる人です。

尾崎紀世彦さんの歌い方

動画を見たらわかりますが、尾崎紀世彦さんはとにかく表情を動かさない、体を動かさないことを徹底しています。

首が前に出ません。
若干後ろに傾けています。
また、喉仏を下げたままにして歌っていると思われます。

この歌声が出せるのは、相当長い訓練が必要です。
指導者から歌わせてもらえない期間もあったでしょう。

尾崎紀世彦さんの歌声はエネルギーが高いので、素人が何も訓練していない状態で真似をすると、喉を潰すおそれがあります。
それぐらい到達するまでに難しい声です。

歌っているときに余計な事をしないというよりは、歌っている以外のことができません。
簡単な振り付けぐらいだったら構いませんが、踊るのはもちろんできません。

ほかの歌手のカバーも様になる

Mr.Childrenの「innocent world」を歌っている動画もあります。
桜井和寿さんと比較するまでもありませんね。

自分用に書き下ろされた曲は一切キー変更をしませんが、他の歌手の歌だと歌いやすいように調整しています
これも歌手としての腕だと思います。

最高音や最低音がどれくらいなら、自分の実力が出しやすいかを判断できるのは大事です。


これは佐々木勉さんの「あなたのすべてを」です。

声量を抑えるところも素晴らしい。
しっかり調節できる声なので、何度聴いても飽きません。

弱いところもしっかり歌えてこそ、強い声が映えます。

こちらの記事もご覧ください

気持ちを込めて歌ってはいけません

高音域とは痛みを顔に出さないことである

ジーノ・ベーキが基礎練習ばかりさせられたことについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です