カラオケでキー変更を積極的に使おう

カラオケでキー変更すると、よく「原曲のイメージが損なわれる」とか「アーティストに対する冒涜」とか言われます。
いわゆる原曲キー至上主義というやつです。

自分だけで楽しむだけだったら問題ないですが、他人に押し付けるから問題です。

他人に押し付ける人は、発声がめちゃくちゃで音程も合っていない傾向にあります。
せめて、喉発声で歌えてから言ってほしいですね。

まあ、それはさておき、私はキー変更を積極的に使います。
音域に余裕があってもキー下げすることはあります。

カラオケでキー変更を積極的に使おう

私は自分の歌いやすい音域で歌うのが、いちばんよい方法だと思います。
発声も崩れないし、喉や声帯の負担が少ないです。

原曲キーで歌わなければ頑張っていると思わない人はこのまま閉じてもらって構いません。
私と考えが合わないのでそこは仕方がないです。

サビの最高音で考えてもよいし、AメロやBメロの最低音で考えてもよいです。
最高音が高すぎると思ったら下げて、最低音が低すぎると思ったら上げて歌えばよいです。

そもそも、上げ方や下げ方がわからないという人は多いでしょう。

キー変更の方法

キーを上げるには「♯」(シャープ)を押して、キーを下げるには「♭」(フラット)のボタンを押せば、キー変更ができます。
曲の予約画面でもあらかじめ変更できます。
音域サイトで最高音と最低音、もし調べられるなら、頻出する音域も調べておくとよいでしょう。

キー変更をして、自分が歌いやすいように変えていけばよいです。
原曲キーが歌いやすければ、原曲キーのままでもいいですし、そこらへんは個人の自由です。

速さも変更したほうがよい

実は曲の速さも変えられます
曲が速すぎると思ったら遅くして、逆に遅すぎると思ったら速くして、自分の歌いやすい速さで歌いましょう。

自分の音域ギリギリで速い音型が続くと歌いにくいので、そういうときは少しだけ遅くして歌うと歌いやすくなります。

例えば、VOCALOIDは人間が歌うにはかなり速い音型が多いので、速さ-2ぐらいで歌うと歌いやすくなる曲が多いです。
速さ変更のさじ加減は、実際に歌ってみて確かめるのがよいでしょう。

最後に

初期設定のまま歌うのもよいですが、キー変更と速さ変更の方法を知っておくと、よりカラオケが楽しめます。

原曲キー至上主義や原曲スピード至上主義にこだわらず、柔軟に変更していくとよいですね。

こちらの記事もお読みください

発声初心者は調子の悪いときの声を出す感じで

音域ごとのイメージ

「お」を「うぉ」で発音する現象

昔は歌が苦手で嫌いでした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です