女声も胸の響きを使いましょう

巷では「女声は頭のてっぺんから声を出すように。決して胸に響きを落としてはならない」と言われます。
男声と同じように、低音域はしっかり胸の響きを使いましょう
どぎつくなるから嫌だというなら、上達はあきらめてください。

声楽はドロドロしたものです。
そう思わない人はモーツァルトオペラとかドイツリートとかにしか触れたことがない人でしょう。
ヴェルディオペラはとにかくどぎついです。闘いの歌です。肉体労働です。
聴くのにも体力を使いますから、最初のうちは疲れます。

首から上だけの響きに頼ると、声がキンキンしてうるさいです。
日本人はこのキンキン声を「いい声」だと誤解していますが、それはただのガキっぽい声です。
うるさい大きく出ているわりには、たいして遠くに響きません。

胸の響きを使うと、声も安定しますし、声帯にも優しいです。
歌っていると音程が合わなくなることも少なくなります。
無理やり響かせて歌うということをしなくてよくなります。

女声の方々、胸の響きを意識したほうがよいです。
喉の健康のためにも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です