中村哲氏お亡くなりに

アフガニスタンで支援活動をしていた中村哲(なかむら てつ)さんが、本日4日に銃撃されてお亡くなりになりました。

私は中村哲さんがどういう人なのかは知りませんでしたが、アフガニスタンで医師としてだけでなく他にも数えきれないぐらいの功績を残しています。
こういう人を亡くしたのは惜しいです。
いい人ほど早く亡くなる。

水道についても、将来現地の人たちだけで整備できるようにしてくれたのは素晴らしいです。

平和活動のためにずっとずっと邁進してきた人だと言えます。
本当に惜しい人を亡くしました。
私にはこういった活動はできません。

他人に親切にしているが、反政権(日本政府に対して)であるというのが引っかかったのでしょう。
弱者に対して手を差し伸べる行為は、政府の人間にとっては権威性が相対的に下がるので$嫌われます。

本当は怖い信用スコア」という記事でも語りましたが、凶悪犯罪者であっても政権側なら信用スコアが上がるので、品行方正かどうかは関係ありません。
政府は信用スコアを「暴力団を追放するためのもの」と言っていますが、それは全く違います。
政権側であるかどうかをあぶりだすためのものです。

ニュースで「イスラム国」(IS)という単語が出ていますが、イスラム国の過激派組織といったら…。
まあ正体がわかっている人はいるでしょう。
私は詳しい名前を言いませんが、「IS 正体」とかで検索してみればわかるはずです。
中村哲さんは弱者に手を差し伸べ続けたので狙われたのです。

追悼です。
中村哲さん、安らかに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です