「個人の時代」を生き残るためには

私は個人ブランディングについて、今悩んでいます。
発声専門家として、どうあるべきかについて考えております。

「個人の時代」と言われる現代を生き残るための方法

あなたも一度は
「これからは個人の時代」
という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?

個人が自由に情報発信する時代

このことが言われるようになった背景として、Facebook、Instagram、TwitterなどのSNSや、ブログ、YouTubeなど個人が無料で自由に情報発信をすることが可能になったという点が挙げられます。

そして、個人が自由に情報発信できるようになったその結果、大きな組織に属さない個人が

  • 大きな収入を得たり
  • 大手企業と取引をしたり
  • その道の第一人者として認識されたり

しています。

これは、当然その人の実力ということもありますが、
それ以上に個人のブランディングのやり方が上手いからだったりします。

同じような商品やサービスを売っていても、
一方は、値段が高くてもお客さんが殺到し、
他方は、値下げして頭を下げて買ってもらう…。

実際、このようなことが現実に起こっています。

個人のブランディングが重要

つまり、個人が活躍する時代。
そして、モノやサービスがあふれる現代には、個人のブランディングが重要だということです。

さらに言えば、これからは個人のブランディングが出来ていない人にとっては、かなり厳しい時代になると思います。

なぜならば、

  • 差別化出来ていない
  • ブランディング出来ていない

似たような商品やサービスでは、
簡単に価格が比較され、一目で最安値が分かる時代だからです。

そして、買い手側も価格以外に、何を基準に選んでいいかが分からないからです。

結果、ブランディングができている人、
つまり、
「自分が選ばれる理由」
を戦略的に構築出来ている一握りの人の元へお客さんが一極集中します。

その他大勢は、価格競争の渦に巻き込まれるか、存在すら知られることなく消えていくことになるのです。

パーソナルブランディングは必須事項

もはや、パーソナルブランディングは、「したほうがいい」というレベルではなく
「しなければ生き残れない」
という時代となっています。

そこで今回、個人をブランディングする方法、
つまり、パーソナルブランディングについて、

ブランディングの専門家が、売上アップに直結する
「パーソナルブランディングの秘密」
を明日10月11日(金)に公開してくれるそうです。

  • お願い営業をしたり、必死にセールスをしている
  • ライバルとうまく差別化ができず売上が伸びない
  • 客単価が低く、安売り競争から抜け出せない
  • お客さんが離れてしまってリピートされない
  • SNSでフォロワーを増やしたい

こんな方には必見の内容ですので、楽しみに待っていてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です