肩が上がっていけないという誤解

腹式呼吸を信じている人は
「肩が上がる=肩に力が入っている」
と思う人が多いでしょう。

今回は
「肩が上がっていけないという誤解」
です。

なんでもかんでも肩が下がっている状態が
正解と言うわけではありません。

肩が上がらないようにするために、
余計に肩に力が入るというのは
よくあることです。

発声していて、
自然に上がったり下がったりするぐらいで
問題ありません。

肩の位置にあまりとらわれすぎると、
発声を見失うと断言できます。

一番大事なところは、
・うなじの緊張
・喉仏を下げる筋肉
です。

肩が上がらないようにすることよりも、
首が前に出ないようにしたほうが
発声はずっとよくなります。

もちろん、首が前に出ないようにするだけでは
不十分ですが、
よい発声をするための必要条件です。

肩が上がったらどうしようかという
要らない心配をするよりも、

音が高くなるにつれ首が前に出る心配をしたほうが
発声のためになります。

私としては、まず首の力を意識してほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です