クラシックを高尚なものと言いすぎてはいけない

クラシックを学ぶなら音楽大学で、
音楽大学の権威の人から習っているから
高尚なものをしていると言いたくなりますが、

高尚なものとあまり言いふらしてはいけないと思います。

よいものはよいという姿勢はいいのですが、
「理解できない聴衆たちが悪い」までになると、
ちょっと敬遠したくなります。

芸術大学に入る人たちは
人数がだいぶ限られていますので、
どうしても閉鎖的になりやすいです。

自分から動いて
新しい情報をどんどん手に入れられる人は
技術や理解もどんどん向上していきます。

特に声楽は全然進歩していないどころか
どんどん退歩していっている現状です。

あの大ホールで使えない弱々しい声を
「味のある声」
などという風潮はどうにかしてほしいものです。

ちょっと強い表現になると
99%の人たちが顔で表現しだす始末ですから、

声楽なんだから声で表現してほしいです。

ピアノでもそうですが、
先生の言われた表現しかできないというのも
音楽をやる意味があるのかな?と
思ってしまいます。

多少なりとも自己流になってでも
主張したいことを主張すべきですね。

高尚な先生のもとに就いているから、
何が何でも先生の教えをしっかりと守るという姿勢では
面白くもなんともありません。

第一不調になったときに、
調子を取り戻す手段がありませんから。

高尚なものなどとはいわず、
自分の力で体感してみなければわからない世界だと
思います。

タブーだと思われている演奏方法でも
もしかしたら技術向上に役立つかもしれません。

「なんでも上品に」では、
面白い演奏など生まれるはずがありません。

少しの下品さがあってこそ、
面白い演奏が生まれるものだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です