山本太郎さんの最大の弱点

れいわ新選組は参議院議員選挙よりだいぶ勢いが落ちましたが、衆議院議員選挙のために活動をひっそりと続けています。
党首山本太郎さん自らいろいろな場所に行って演説していますね。

山本太郎さんが頑張ってくれるのはいいのですが、全体的に考えるとどうしても良いとは思えません。
民主党系もそうですが、山本太郎さんには大きな弱点があります。

熱量が高く、いろんな人たちを動かす力が強いのが、山本太郎さんの大きな強みです。
山本太郎さんの人間性がどうかは知りませんが、今まで政治に無関心だった人を取り込んでいます。
無関心こそ最大の敵という感じでいろんな人に知らせる形で動いています。

身体障碍者2人を参議院の場に優先的に送り出すということもしましたし、とにかく当事者目線の政治を心がけています。

しかしながら、山本太郎さんは行動力があるがゆえに、なんでもかんでも一人でやってしまいがちです。

山本太郎さんの最大の弱点

そう、山本太郎さんの最大の弱点は、優秀なナンバー2を育てていないことです。
私の独断と偏見だとは思いますが、どうしてもそう思えて仕方がありません。

山本太郎さんが何かしらの不慮の事故や病気、そして警察による逮捕などで動けなくなったら、れいわ新選組は動けなくなると思います。
山本太郎さんとまではいかなくても、しっかりと熱量をもって動ける人は今のところいるのでしょうか?
そういった人を育てていないと、自分がいなくなっても大丈夫だというようにはできません。

山本太郎さん一人ではできることが限られます。
れいわ新選組の政党内で山本太郎さんを補佐できる人が必要です。

NHKから国民を守る党だったら、上杉隆さんや大橋昌信さんがしっかりと熱量もって動けます。
仮に立花孝志さんがいなくなるような事態になっても、うまく回ります。
自分がいなくなっても大丈夫なように仕組みを作っていくことが必要です。

まずは、れいわ新選組には山本太郎さんを補佐できる人が必要です。
一人だけでは心もとないですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です