メゾ・ソプラノ歌手が胸の響きを使わなかったら…

昔の歌手たちは、たとえソプラノ歌手でも胸の響きを使った発声で歌っていました。
現在みたいに胸の響きを嫌うのではなく、積極的に使っています。

一番の聴きどころは、3:38からです。
ソプラノでもあんなに厚みのある低音が出せるのは、胸の響きを使っているおかげです。
正直テノールと区別がつかない。

こちらの記事もご覧ください:

男声的に歌うとは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です