男声的に歌うとは?

喉仏の位置を低いままにして、胸の響きを十分に使うことです。

女声でも男声でも関係ありません。
全てのジャンルにおいて共通の喉の使い方です。

声楽だろうがポップスだろうがジャズだろうが、基本の喉の使い方は関係ありません。
声楽以外は少し緩めることでいろんな声が再現できます。

首の力を抜かないように、鳩胸で、お腹を引っ込める。
体全体が動かないようにしっかり固定する。

最初のうちはかなりの力が必要です。
肉体的にも精神的にも苦しいです。
簡単にはマスターできません。

そのポジションを持続できるところがスタート地点です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です