自衛隊の役割は災害救助がよい

日本国憲法第9条と、改正草案第9条を比較してみましょう。

日本国憲法第9条:

日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
○2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

改正草案第9条:

日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動としての戦争を放棄し、武力による威嚇及び武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては用いない。
2 前項の規定は、自衛権の発動を妨げるものではない。

第9条の2(国防軍)
1 我が国の平和と独立並びに国及び国民の安全を確保するため、内閣総理大臣を最高指揮官とする国防軍を保持する。
2 国防軍は、前項の規定による任務を遂行する際は、法律の定めるところにより、国会の承認その他の統制に服する。
3 国防軍は、第一項に規定する任務を遂行するための活動のほか、法律の定めるところにより、国際社会の平和と安全を確保するために国際的に協調して行われる活動及び公の秩序を維持し、又は国民の生命若しくは自由を守るための活動を行うことができる。
4 前2項に定めるもののほか、国防軍の組織、統制及び機密の保持に関する事項は、法律で定める。
5 国防軍に属する軍人その他の公務員がその職務の実施に伴う罪又は国防軍の機密に関する罪を犯した場合の裁判を行うため、法律の定めるところにより、国防軍に審判所を置く。この場合においては、被告人が裁判所へ上訴する権利は、保障されなければならない。

第9条の3(領土等の保全等)
国は、主権と独立を守るため、国民と協力して、領土、領海及び領空を保全し、その資源を確保しなければならない。

現行憲法と改正草案の違い

現行憲法ではいかなる戦力も持たないということを明記しています。
自分からは絶対に戦争を仕掛けてはならないという強い意味です。
どんな理由があれ、戦争をしてはいけない。
また悲惨なことをただ繰り返すだけです。
先人たちの悲惨さを繰り返してはならないのが現行憲法だと思います。

改正草案ではしっかり「軍」と明記しています。
安全保障のためには自ら戦争を仕掛けることも辞さないとも解釈できます。
これは本当に恐ろしいです。

イラク戦争

イラク戦争を覚えていますか?
2003年3月20日に大量破壊兵器があるかもしれないという理由で、始まった戦争です。

実際大量破壊兵器があったことは明らかになっていません
戦争を始める口実に使われたのかもしれません。
一般のなんでもないイラクの人々や下っ端の兵士が血を流して終わりました。
今でもその爪痕は残っています。これからも絶対に消えません。

詳しいことはリンクを張っておきますので、そちらのページをご覧になってください

イラク戦争から学ぼう

イラク戦争からわかるように、平和を乱すかもしれないという理由だけで侵略戦争することができてしまいます。
日本のような小さい国では、すぐに反撃されて焼け野原になります。
アメリカ軍が助けてくれるなどと言う人は、戦争に対する認識がお花畑だといわざるを得ません。
すぐにアメリカ軍は逃げ出します。撤退します。

イラク戦争でもあったように、実は戦争の勝ち負けよりもずっと大切なものがあるのです。
武器を売る人のために行うことであり、民衆や下っ端兵士が血を流すのが大切です。
これはタブーとして言われていますが、無傷で勝利するよりも、血を流すのに意味があります。
戦争に勝ち負け自体は意味がないわけではありませんが、最大の意味はそういうことです。

↓以前書いた、こちらの記事もご覧ください。別ウィンドウあるいはタブで開きます。

血を流すための戦争をやるよりは…

山本太郎さんも言うとおり、補給船だからいいというわけではありません。
むしろ補給船だからこそ狙われます

前線を潰すなら補給を潰せというのは戦いの常識です。

補給がなくなれば、あとは衰弱する一方になります。
食べ物や飲み物、燃料などがなくなれば、どうすることもできませんからね。
日本が太平洋戦争で敗北した原因です。

だから、安易に補給船を担当するなどと言ってはなりません。

それよりは、災害派遣で被災地の救助に集中するべきです。
人を助けることが最大の信頼を得られる行為です。
善意を悪用する人もいますが、そればかり考えていてはしょうがないです。
大多数の人が助かるならそれでいいじゃないですか。

1995年の阪神淡路大震災、2004年の新潟中越地震、2011年の東日本大震災、2016年の熊本地震など被災地の復興には自衛隊の協力が欠かせません。地震だけでなく豪雨のときも。
大量の炊き出しは自衛隊が持っている日本最大の技術だと思います。
それでいて、自衛隊が休憩しているところを見ると「怠けている」という人は本当に何なんでしょうか?
実は文句を言っている「一般人」、官僚の天下りという説もありますが、邪推だったらまだいいです。
自衛隊だって人間です。疲れるときはあります。
そういう文句を言う人のせいで、陰でコソコソと食事をとらなければならなくなったのは腹立たしいです。

私が本当に「日本スゴイ」といいたい技術は、テレビで紹介しているちっぽけなものではなくて、自衛隊の炊き出し技術だと思います。
あとはお風呂のテントを設置する技術も。
他の国の軍でも同じようにやっているとは思いますが、一気に大量に焦がさずに作ったり、大きなお風呂のテントをすばやく準備したりするのは尊敬に値します

自衛隊はいつまでも人助けの集団として機能して欲しいです。
侵略戦争のための道具ではなく
戦争に駆り出されてその間に震災が起ころうものなら、どうしようもなくなります

いつ自衛隊のお世話になるかわからない。
そういうことをわかっていない人が「戦争賛成」というんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です