東京オリンピック大腸菌騒動

当日もあんな臭いところでトライアスロンすることになるでしょう。
選手たちが不憫でなりません。

読売新聞から引用:

2020年東京五輪・パラリンピックのテスト大会を兼ねたパラトライアスロンのワールドカップ(W杯)は17日、大会会場となる東京都港区のお台場海浜公園周辺のスイム(競泳)コースで水質が悪化したとし、スイムを中止し、ランとバイク(自転車)によるデュアスロンで実施された。

テスト大会実行委員会によると、前日の16日午後1時に水質検査で、大腸菌の数値が国際トライアスロン連合(ITU)が定める基準値の上限の2倍を超えた。

台風による降雨などで水質が悪化したとみられる。今大会はスイム会場周辺に汚水の浸入を抑制するスクリーンを設置したが、予想を超える汚水になった。東京大会組織委員会では来年の本番ではスクリーンを三重にして、抑制効果を高めたいとしている。

「東京湾に沈める」がさらに恐ろしい言葉に

昔のドラマでは、ヤ○ザが「東京湾に沈める」という言葉をよく使っていたのが懐かしいです。

国際トライアスロン連合が定める上限値の2倍の大腸菌が検出されたと聞いて、この「東京湾に沈める」という言葉はさらに恐ろしさが増えました。
こんな臭いところに沈められたら、精神的にも肉体的にもおかしくなるでしょう。
選手たちを臭いところで泳がせるなんて、オリンピック委員会は正気の沙汰じゃありません。

18日に改善したと聞いたけど

日刊スポーツから引用:

東京湾の大腸菌が、1日で“消えた”!! 17日のパラトライアスロン・ワールドカップ(W杯)は大腸菌による水質悪化でスイム中止となったが、その後数値が激減。国際トライアスロン連合(ITU)の基準で最悪の「レベル4」が「レベル1」まで改善されたため、この日は予定通り行われた。

降雨によって一時的に流れ込んだ大腸菌が死滅したとみられる。日々変わる水質を受け、本番はスケジュールを柔軟に変更する可能性もでてきた。

1日で死滅したからという理由で、これを安心材料にするんでしょうね。
さすが、オリンピックじゃなくて、お利権ピックですな。
また大腸菌が復活するんですよ。
それでも選手には無理やり泳がせるんですか?
まずは委員会の皆様方が泳げとはいいませんが、水の中で遊んでいただかないことには示しがつきませんね。

選手たちが「う○こ臭い」と言っているのを聞いて

オリンピックに向けて暗い話題しかないのはさすがにまずいので、私が平和な話題を提供します。

その名も「うんこドリル」です。
問題文もうんこ。計算もうんこ。
全部うんこです。

皆様方が期待するような、イキスギィな要素はありません。
黒塗りの高級車とか、川原のドカタさんたちとか、屋上で焼いていくとかそういう要素はありません。
あしからず。

幼稚園児向け

小学生1年生向け

今でも私が家庭教師やっていたら、迷わず選びますね。
くだらないけど笑えるドリルでいいんですよ。
うんこの漢字・計算ドリルがいい。

うんこの入浴剤もあるのか(困惑)


マスコットが出てくるのか・・・壊れるなあ。


うんこの箱買いもいいですよね。

知恵の輪ならぬ知恵うんこ


うんこれもわるくない。

うんこの時計ドリルもいいですなあ


うんこの時間がわかるといいですよね?

3:42


3:42です。言うまでもありません。

最後に

ふざけすぎました。
反省もしてないし、後悔もしていない。

うんこ。

でも選手たちにはもうちょっときれいなところで泳がせたらいいんではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です