息っぽく楽に歌うと喉を壊す

永田孝志さんの発声講座は勉強になります

しっかり喉周辺に力をかけて喉仏を下げて歌うほうが苦しいですけど、後々喉が乾燥せずに歌えます
歌を楽しむなら、黄金期の歌い方を参考にしたほうがよいですね。
どのジャンルの歌でも様になります。

声が楽器として機能するからです。

この発声は超人向け(笑)


とにかく体を動かさせます。
歌には集中できません。


裏声ベースで歌います。
しっかり喉仏を下げる発声ができたら、簡単にできます。
喉仏を若干浮かせれば、こういった声は出せます。

しかし、長続きはしません。
丈夫な人でも喉が乾燥してきます。


張り上げ声は本当に危険です。
この人本当に喉やっちゃうんじゃないでしょうか?
途中むせてましたよね。


有名なHiCの動画。
やっぱり裏声に逃げますね。

女声のメカニズムと男声のメカニズムではその音域は出し方が違います。
あまり参考にはなりません。

以上、超人向けの発声でした(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です