ずるいのはダメ?

「ずるいのはいけません。正々堂々と清廉潔白に生きなさい」とよく教えられます。

しかし、何をしたらずるいのか正しいのか説明できるかといえば疑わしいです。私もうまく説明できません(笑)。

近道して結果を出すとよく言われます。
○○さんはこんなに苦労したのに、お前は楽をしている。それがけしからん。とか怒りどころか笑うしかありません。実際には神妙なフリをしていますが(笑)。

なぜ、清廉潔白を教えるのか。いや、強要するのか?それはもう役人が支配したいからですよ。

皆さん、日本は更に増税されるのをわかっていますか?つまり、私たちが身を粉にして働いた分をタダで明け渡すのですよ?搾取です。

搾取する側にとってはずるさは邪魔です。大人しく言うことを聴いてくれる人がよいです。しかも搾取されたのに気づかないで、快く明け渡してくれる。サラリーマンのほとんどがそうだと思います。学校の先生がやけに大企業の会社員を勧めるのも彼ら彼女らもまたそういった存在だからでしょうか?

どんな世界にもきれいな部分もきたない部分もあります。きれいな部分だけで夢を見させるのは無責任です。

自分のずるさを知られたくないために、他人には清廉潔白を強要するのでしょうか?政治に関して無関心にさせるのも、知られてはいけない「秘密」があるからです。税金の秘密を。

特に官僚さんたちは簡単に出し抜かれるのを嫌います。あの人たちのメンツのためでもあるでしょう。楽をして稼ぐのは許さないという謎の正義感があります。自分の息のかかったところでヒイヒイ言いやがれと。

でも理想は清く正しく美しくですが、ずるさも持っていないと戦えません。

こちらの記事もお読みください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です