カジノ誘致はあかん

今日から9月が始まりましたね。
朝方が少し涼しくていいですね。
昨年みたいに、毎日40度を超えるのが普通という恐ろしさを体験しなくてよかったです。
あの夏は苦しかった…。

さて、今回は
カジノ誘致はあかん
というテーマで書いていきます。

大阪と横浜をカジノで再興させるというのは、結果としてありえません
カジノを取り仕切っている外資系企業に全部吸い取られます。

宮本岳志さんのしゃべり方が好きです。
その場に居合わせていなくても、その状況をイメージさせるような感じ。

そう、負けたおっちゃんたちが何を思っているのかがわかります。
そして、小学生からもなりふり構わずお金をせびる様子が。

私もパチンコを始めようと思った時があります

私が競輪や競馬、パチンコを始めたら、間違いなくのめりこみます。
パチンコを始めてみたいと思ったことは何度もありますが、始める前が面倒くさくて結局経験なく今に至ります。
パチンコ店のシステムがいまいちわからないんですよ。
どこにカードを差し込んだらいいのか、どこに紙幣を入れたらいいのか、迷子になってやらずじまいです。
パチンコをやらなくてよかったんですよ。

ここから知り合いの話です

聞いた話でしか知りませんが、10000円があっという間に消えていくと。
1万円あればいろいろできますからね。
パチンコで一気に溶かすよりも、他のことに使ったほうが有意義に使えると思います。
もちろん、これは私の意見および独断および偏見ですよ。
パチンコで10000円使うことが最大の快感と思う人もいるでしょうから、その人たちの気持ちを否定することはありません。

負け続けたときが恐ろしいです

負け続けたときがギャンブルの恐ろしさで、どんどん「取り返そう」と考えてしまうところ。

またお金を投じては負けて、さらにお金を投じては負け続ける。
借金してでも、またお金を投じて負ける。
気づいたら多額の借金を背負っていたというのがオチです。

消費者金融で借りて、上限いっぱいになってしまい、今度は知人から借りると。
どこからも借りるアテがなくなってしまい、今度は家族のお金をせびる。
家族からは愛想をつかれて、今度は盗みに走る。
借金の無限地獄です。

私はパチンコを始めなくてよかったと思います。

貸してくれと付きまとわれました

私もそういう人に付きまとわれたことがあります。

「お金貸してくれ」とずっと言われ続けるのですから、恐怖ですよ。
今度返すからと言われても、その人が負け続けている話を知っているもんで、返ってくることはないと思います。
貸したら最期永遠に貸し続けることになると思います。
自分が借金してまでお金を貸すことになります。

全く貸しませんでしたが、いろんなところに張り込まれて、たまにそっちの道の人たちを連れてくるときもありました。
張り込む余裕があったら、普通にどこかで働いてそのお金で返せばいいのに、そういう苦労はしたくないそうです。
どこかで働いたほうが借金返済への一番の近道なのにね。

カジノ誘致はあかん

カジノは多額の金額が動くので、パチンコや競馬の比じゃないですよ。
ギャンブルによる借金とか窃盗とか殺人とか、さらに恐ろしく増えてしまいます。
お金を貸してという人たちも増えますね。

パチンコや競馬でさえ、お金を無心する人たちが多いわけです。
お金がらみのトラブルをこれ以上わざわざ増やしていいのですか?

しかもカジノで儲けるということは、人の不幸を増やして儲けるのを意味します。
さらにギャンブル依存症を増やし、その家族や友人・知人にまで共依存させようとする恐ろしいシステムだと思います。

そういえば、自民党改憲草案憲法第24条

1 家族は、社会の自然かつ基礎的な単位として、尊重される。家族は、互いに助け合わなければならない。
2 婚姻は、両性の合意に基づいて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。
3 家族、扶養、後見、婚姻及び離婚、財産権、相続並びに親族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。

を見て、ギャンブル狂の家族を助け合わなきゃいけないというのは、死ねと言うよりも恐ろしいです。
公的福祉に頼るなと言っているんですから、家族だけでギャンブル依存症の症状を解決しなければなりません。
部屋に閉じ込めておくこともできませんから、結局お金を渡し続けて、一家心中という最悪のケースも考えられます。

カジノ誘致と改憲が重なったら、ほとんどの人たちが地獄を見ます。
ギャンブル依存症の問題を解決しないまま、どんどん法案が通っていくことが恐ろしいです。

カジノ誘致はやめましょう。

カジノで経済はよくなりません。
むしろ悪化します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です