嫉妬心をうまく使え

30代向けの服がお店に行っても、なかなか売ってなくて困っています。
歳をとるってこういうことなんでしょうね。

嫉妬するというのは、自分よりも実力が上だと認めたという意味ですから、そういう気持ちを持つことは悪くはありません。
悔しいという気持ちがあってこそ、向上心がもてるものですから。
私も誰かに嫉妬してますよ(笑)。人間ですから。

自分の向上心のために、嫉妬というエネルギーを使えばいいのです。
やっぱ負の感情って大きいから、大きなバネになります。
ただ使い方を間違えるとよろしくありませんね。

与沢さんのツイートの画像をお借りしますが、相手をただ一方的に非難するためだけに嫉妬心を使うのはよろしくないです。
「自分は何も行動しないくせに、口だけのやつ」というレッテルを張られますよ。

自分より給料をもらってるのが許せないというのも…

嫉妬心ですよ。だけどね、自分より実力のある人が多く給料もらわないと、あなたがたも正当な報酬が得られないままです。
低賃金の連鎖は組織の上の者が断ち切るものではありません。
私たちが断ち切っていきましょう。

物事は相対的にとらえられるものです。上の人が少なかったら、私たちもそれよりも少なくなるわけです。ちゃんとした報酬をもらえるのを祝福しないと、不幸の連鎖になります。
不幸の連鎖は私たちで断ち切りましょう。

嫉妬心は自分の向上心のために

他人を蹴落とすな。自分を磨け。

この二言につきますね。
清廉潔白な私ではありませんが、日々向上心をもって生活していきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です