安定した政治とは硬直化した政治

第二次安倍政権が2012年12月26日から始まって、ずっと政権交代しないまま進んでいます。

安倍晋三内閣総理大臣は「安定した政治」とよく言いますが、
安定ということは、ずっと自民党が政権を担い続けるということを意味します。
つまり何にも変化できない硬直化した政治です。

安倍晋三首相の連続在籍日数が2000日を超えていますが、本来ならばもっと早く政権交代すべきです。
権力は腐敗します。
どんどん自分のバックにいる人のためにしか政治をしなくなります。
大企業とか独立行政法人とかにしかお金を行き渡らせていませんね。
それも私たちが身を粉にして働いてようやく納めた税金で湯水のように使うのです。
これを怒らずして何をしろと言うのでしょう?

大学(国立私立を問わず)ではどんどん研究費が削られて、「国際競争力がなぜか落ちている」と他人事で言い放つ始末。
災害のときに「ボランティアが足りない」というのも地方自治体にお金がなくなった現状。
必要なところにお金が行き渡っていないのです。

企業だって、従業員に無休残業を強制するところもあります。
まともに給料が出せなくなったのです。
本当にお金が足りない。
だけど経営し続けないといけない。
建物を借りるお金とか電気代とか維持費がもろもろかかりますから。

本当に日本は貧乏になったというより、貧乏にさせられたといったほうがしっくりくるかもしれません。
インターネットの発達により、格差が生じるのは自然ですが、
その格差がどうしても不自然にしか見えません。

まあ、格差をわざと作り出しているのが、
政策決定するときには「議員」や「官僚」のような顔(決して議員や官僚ではない)をするが、
国会議員から何かしら突っ込まれたときには「民間人」の顔をして逃げる人たちです。
いわゆる民間議員と呼ばれている人たちですね。
国民民主党の森ゆうこさんはここの問題に切り込んで、逆に「人権侵害をしている」とまで言われていますね。
そういうロジックです。

今の日本の現状を見ると、北斗の拳の世紀末よりも恐ろしい世界だと思います。
既得権益とどれくらい癒着しているかで決まるという世界です。
資産が100億円あっても1000億円あっても1兆円あっても、必ずしも「金持ち」とは呼ばれません。
既得権益の人たちのさじ加減で一文無しになる可能性があるからです。
三崎優太さんや与沢翼さんを見れば、どれだけ資産があってもいつ収奪されるかわかりません。

第二次安倍政権の前も1000日を超える長期政権はありました。
小泉純一郎内閣とか、
中曽根康弘内閣とか、
佐藤栄作内閣とか、
池田勇人内閣とか、
岸信介内閣とか、
吉田茂内閣とか、
東条英機内閣とか、
近衛文麿内閣とか、
原敬内閣とか、
桂太郎内閣とか。

続きすぎてはいけません。
権力は絶対に腐敗します。
最初は国民のために政治をするという思いがあっても、
権力を持つうちにどんどん権力に飲み込まれていき、
私利私欲のために使うようになってしまいます。

安倍政権が倒れて、
仮にれいわ新選組の山本太郎さんや、
NHKから国民を守る党の立花孝志さんや、
日本共産党の志位和夫さんや、
国民民主党の玉木雄一郎さんや、
立憲民主党の枝野幸男さんなどが
総理大臣になったとしても、
私は第二次安倍政権のような長期政権を望みません
2年ぐらいでとっとと交代すべきだと考えます。

小泉政権が終わった後の、麻生太郎政権と福田康夫政権は1年ぐらいで終わったので、それでいいのです。
自民党政権でもまだまともだったと思います。
長く続けてはいけない。
1年や2年で不安定な政治のほうがよいです。
そのほうがずっと流動性があります。

もう一つ、
政治はすぐ決まってはいけません。

なかなか決まらないからこそ、
今まで私たちは生き残ってこられたともいえます。
「維新の会の橋下徹さんは、しっかり決めてくれるから嬉しい」
などというのは政治をよく知らない人の言うことです。
今の段階でよく知らなくても構いません。
私はそういう人たちに対してマウントをとる気は一切ありません。
私のわかる範囲内で説明します。
わからないことがあれば、私はわからないと言うつもりでいます。
あまり知ったかぶりするのも恥ずかしいですからね。

不安定だからこそ安全に過ごせるのです。
最近の日本ではなんでもかんでも白黒はっきりつけたがるように見えます。

芸能人の薬物や不倫報道ばかりだと思いませんか?
特に自民党の不祥事の後には、必ずと言っていいほど。

私たちが忘れていると思っている?
いやいや覚えていますよ。
杉田水脈さんの「生産性」や、
萩生田光一さんの「身の丈」や、
二階俊博さんの「まずまず」など。

数えたらキリがないと思いますが、
それでもいちいち覚えましょう。
記憶することが政治家に対抗する唯一の方法だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です