ある話だとどっちつかずになる理由

ある話だとどっちつかずであいまいでわかりにくくてケチになります。
それには理由があります。

後ろ盾がないからというのが大きな理由です。

話にする対象が既得権益を持った権力者だと、自分の意見を述べずあいまいにしておくのが安全です。
どうしてもそういう話をしたい場合は、リンク先を参照してくださいとか引用するとかという形にしています。

私をケチだと思ってください。

私が既得権益を片足だけ突っ込んだ権力者(国会議員など)になったら、ある程度言えるかもしれません。
そういう身分ではないから、公の場ではっきり言えません。

メルマガ限定でもはっきりと意見を述べないのは、そういう事情があります。
あしからず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です